1分半の深呼吸

広げた心の翼に 微笑みを交わして
ふたり一分半の深呼吸を
感じたいのは永遠より分かち合うこの瞬間さ

輝く波 見つめている
君の瞳にはテトラの海
舞い上がれ 九月の風のように

遥かな夢のきざはしが天空(そら)へと駆けてゆく
君と一分半の深呼吸を
二人がいつも変わらない僕等のままでいるために


こぼれ落ちた窓辺の夢
生まれたての朝の道を
走り出せ 想いは蜃気楼

広げた心の翼に微笑みを交わして
ふたり一分半の深呼吸を
感じたいのは永遠より分かち合うこの瞬間さ


遥かな夢のきざはしが天空そらへと駆けてゆく
君と一分半の深呼吸を
二人がいつも変わらない僕等のままでいるために