レンブラントの空

沈みゆく夕日の色 
心の地平線 静かに染めてゆく

なだらかな風の道 
揺れる君の髪に描いている

僕等の見果てぬ未来は 
金色の草原に浮かぶ舟
君への愛を抱きしめたなら 
切ない記憶も遠く消えてゆく
ふたりで見つけた微笑みの中へ


手を繋ぎ駆けてゆく
いつかの君が見た丘の向こうへ

僕等の彷徨う想いは 
銀色の湖面に映す夢
孤独が哀しみ引き寄せても 
低い雲流れ レンブラントの空
ふたりで見つめた黄昏の中で


辿り着いた心の岸辺 
君との日々 見つめ合う瞬間よ


僕等の見果てぬ未来は 
金色の草原に浮かぶ舟
一途な愛で抱きしめたなら 
溢れる光は君を連れてゆく
ふたりが求めた永遠の場所へ


そして君に変わらぬ愛を 
この命が終わる時まで